MENU

タバコの口臭を消したい!東京でおすすめの病院・歯医者

「タバコ」が口臭の原因となることは、すでにみなさんもご存じのことと思います。口臭の原因にはいろいろなものが考えられるのですが、その一つでもあるのが「タバコ」なのです。タバコは様々な健康被害をもたらすだけでなく、「口臭」まで引き起こしてしまうのです。

 

そもそもタバコには、独特のニオイがあります。これは普段からタバコを吸う人には分かりにくいのですが、吸わない人は敏感にタバコのニオイを感じとります。口だけでなく、髪の毛や洋服、そしてタバコを吸った部屋にあるすべてのものにニオイが染み付いてしまうのです。

 

どうしてタバコが口臭の原因になるのか

 

では、どうしてタバコが口臭の原因になるのでしょうか。主な理由は二つあります。一つめは、タバコに含まれるタールやニコチンによるニオイです。これらは体内で有毒ガスを発生されるのですが、この有毒ガスが口臭の原因となります。そして二つめはタバコのタール、ニコチン、一酸化炭素によって「唾液の分泌量が低下する」ことと「プラークや歯石が付きやすくなる」ことです。唾液には口内の細菌の増殖および繁殖を防ぐ役割があります。しかしこの唾液が少なくなるため、口の中で細菌が増えて口臭がするようになるのです。

 

タバコによる口臭をなくすには、一番はタバコをやめることです。タバコをやめない限り、たとえ一時的に口臭が改善されたとしても再び口臭は発生します。口臭の治療のために口臭外来へ行くのもお金がかかりますし、これではイタチゴッコにしかなりません。ですから、タバコによる口臭を改善するには、生活習慣の改善や体質改善が必要になります。

 

東京なら、断然「バイオクリニック」がおすすめです。バイオクリニックは「今ある口臭の治療」だけでなく、「口臭が発生しにくい状態」を作るための治療を提案してくれるのです。場合によっては漢方なども処方されます。タバコによる口臭で悩んでいる人は、その場かぎりの口臭治療ではなく、生活習慣の指導までしてもらえる「バイオクリニック」に一度相談に行ってみることをおすすめします。